2020年09月18日

インフルエンザ予防接種

新型コロナウイルスへの不安もあり、インフルエンザ予防接種への関心が高まっています。風邪とインフルエンザ、新型コロナウイルス感染症は症状が判別しにくいと言われています。新型コロナウイルス感染症との鑑別をしやすくするため、インフルエンザを可能な限りの予防が今シーズンにおいてはより重要と考えられています。インフルエンザワクチンは、接種から効果を発揮するまでに約2週間程度かかります。通常は10月上旬から12月中旬までに接種を終える方が多いです。流行が始まる前の接種をおすすめしています。ワクチンは毎年型が違います。今年は以下の内容になっています。
A/Guangdong-Maonan (広東-茂南) /SWL1536 /2019 (CNIC−1909)(H1N1)
A/HongKong (香港) /2671/2019 (NIB−121)(H3N2)
B/Phuket (プーケット) /3073/2013 (山形系統)
B/Victoria (ビクトリア) /705/2018(BVR−11)(ビクトリア系統)

今年はワクチンを接種し、インフルエンザにかかりにくくし、新型コロナウイルス感染との区別をつけやすくしましょう。
posted by Kaoru at 23:58| Comment(0) | 日記